読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あおいちブログ

ITmedia新卒採用担当のブログです。

「タイアップ記事」「バナー広告」「イベントサービス」――「企画営業職」が提案する広告企画ってどんなもの?

 アイティメディアのビジネスモデルは広告を中心にした企業のマーケティング支援です。「アイティメディアの媒体を使ってマーケティングをしたい」と考えるクライアントに対し、広告の企画営業職の社員が様々なプランを提案しています。採用ホームページに掲載している「社員インタビュー」では、企画営業職の社員が、その仕事への面白さや熱い思いを語っています。もうご覧いただけましたでしょうか?

 とはいっても、企画営業職って具体的にどんな企画を提案するの?と疑問に思う人も多いはず。また、代理店の広告営業の仕事のイメージはできるけど、メディアの企画営業の仕事はちょっと想像つかない……なんて人もいらっしゃるかと思います。ですので、今回のエントリーでは、アイティメディアの企画営業職が、現場でどんな広告企画を提案しているかについて、ご説明したいと思います。

f:id:ITmedia_HR:20130128131107j:plain:w400,h300
企画営業職の役割

 アイティメディアで提案している広告の方法には、タイアップ記事広告、バナー広告、イベントサービス、メールマガジンなどがあります。これらを単体で、もしくは組み合わせたり、応用させることで、クライアントの要望に応えています。(コーポレートサイトにある、クライアント向けの媒体資料には、それらが詳しく載っています)

f:id:ITmedia_HR:20130128122710j:plain:w300,h400
タイアップ記事の一例:幻想的なイルミが美しい優等生モデル――「AQUOS PHONE EX SH-04E」はココが買い!/ITmedia Mobileより

 タイアップ記事広告は、編集スタッフが編集記事風に仕上げる記事体広告のことです。例えば商材が、とあるメーカーの新作スマートフォンなら、モバイル端末専門の編集者が、担当するモバイル端末専門サイトの読者に魅力的に映るよう、記事を企画し制作します。

 専門編集者は、一般のライターや編集者よりも、その業界の情報や端末の特徴、競合商品との差異などをよく知っているので、必然的に記事の内容の質が上がります。しかも長年そのメディアを担当することで、読者への理解を深めているため、思いを汲み取れる。その結果、“ウザい”と思われがちな広告を、有益な情報として、クライアントのターゲットとなる読者にきちんと届けることができます。

f:id:ITmedia_HR:20130128122732j:plain:w300,h400
タイアップ記事の一例:スマホを持って山手線に乗ろう―― 富士通「ARROWS V」のバッテリーはどれくらい持つ?/ITmedia ガジェットより

 スマートフォンだからといって、モバイル端末専門の編集者だけが記事を書くわけではありませんし、モバイル端末専門の媒体に記事広告を載せるわけでもありません。クライアントの要望に答えられるように、担当編集者やメディアを変えたり組み合わせたりして、出来る限り応用します。例えば、そのスマートフォンを若い世代にも知ってほしいという要望があれば、若い世代の読者がいるメディアで、ビジネスマンに知ってほしいという要望があれば、ビジネスマン向けのメディアでの記事広告も企画します。

f:id:ITmedia_HR:20130128122956j:plain:w400,h300
サイト上部、右上や両サイドに表示されるバナー広告

 バナー広告とは、アイティメディアのサイトのなかに、商材の画像やテキストを掲載する広告のことです。トップページにアクセスすると出てくる、商品を紹介する大きな画像や、サイトの最上部や右上に表示される画像がバナー広告です。バナー広告にクリックすると、クライアントのWebサイトに移ることができます。

f:id:ITmedia_HR:20130128124417j:plain:w400,h300
チャンネルのトップページにアクセスすると表示されるバナー広告

 マス向けの大手ポータルサイトにバナー広告を掲載すると、たくさんのユーザーに周知ることができます。ですが、莫大なコストがかかるうえ、ターゲットにきちんと伝えられないことも。その点アイティメディアは、IT・PC・モバイル端末・ビジネスなど、運営する様々な専門メディアの読者に合わせた、広告の掲載が可能になります。それゆえ、タイアップ記事の効果と同様に、「“ウザい”と思われがちな広告を、有益な情報として、クライアントのターゲットとなる読者にきちんと届けることができ」るのです。それが当社の強みになっています。

f:id:ITmedia_HR:20130128124445j:plain
ブロガーイベント(イメージ)

 イベントサービスとひとくちにいっても、様々な手法があります。例えば、特にその商品や商材に既に興味のある読者へ向け、編集部主催でセミナーや勉強会を開催し、より理解を深めてもらい、購買に繋げる方法。このほか、ブロガーを集めてセミナーを開催し、後日商品・商材やイベントのレビューをブログで書いてもらう「ブロガーイベント」と呼ばれる方法など。消費者目線で正直に書かれたブロガーの記事は、消費者の共感を得やすいので、よりよいブランディングや購買の促進に役立ちます。また、当社の編集者が制作するタイアップ記事広告とブロガーイベントを組み合わせれば、アイティメディアのメディアの読者に加え、そのブログの読者にも情報を届けられるといったメリットがあります。

 近年は、ニコニコ動画Ustreamに設けた生放送番組での商品紹介のほか、スマートフォンでの広告掲載も実施しています。時代の流れに合わせ、広告モデルも新しい手法を導入する必要があります。そのため企画営業職には、新しい手法を見つけ、開発し、導入するセンスも必要とされています。それを裏付けるかのように、採用ホームページの「社員インタビュー」でも、企画営業職の社員が“常に新しいことに挑戦したい”という思いを皆語っています。現状に満足せず、時代の流れや世の中のニーズを敏感に感じ取り、アウトプットする姿勢が、現場では求められています。

 当社にエントリーされた方にご案内している会社説明会では、今回ブログで紹介した内容に加え、企画営業職に求められる役割や、アイティメディアのメディア戦略、求める人材までを詳しく説明いたします。ご興味ある方は、ぜひこちらのページからご応募ください。